金融機関による金利の実態

中小企業でこれから金勇機関の融資を受ける場合一番気になるのは金利だそうです。
融資を受けられる金融機関は大きく3つほどに分けられます。
政府系金融機関・銀行・ノンバンク系です。
政府系は0.3%~3%弱、銀行は2%~9%、ノンバンク系は6%~18%ほどです。
金利のみで判断すれば政府系が一番安いとわかりますね。
これだけ見れば誰でも政府系で借りれば一番良いと思えます。
しかし実際にはノンバンク系が多かったりしますからそれぞれ目的によって何が一番メリットがあるか違いがあるのでしょう。
政府系は固定金利で変動しませんし、無担保でも借りられます。
しかしながら兎に角早急に現金が必要な場合政府系は大変審査に時間がかかると聞きます。
銀行系は担保が必要となりますし、また金利は変動金利になっています。
安定した金利でないというのはある意味リスクでもありますね。
ノンバンク系はビジネスローンと呼ばれているものです。
特徴としては審査基準がゆるく、スピード決済なのですぐ現金が必要と言う場合にありがたいものと言えますね。
ただし一番の高金利になります。
ですので、至急現金が必要であるが、返済予定がきちんとしており、短期間の利用であることが大切です。
低金利であっても長期に利用するという事は額も大きくなります。
逆に高金利でも短期決済ができれば案外銀行系より総額が安くなったりもします。
実際の借入金額から、利息、返済期間を入力して金利計算ができるシステムもあるのでしっかり計算してここに見合った金融機関を利用するのが望ましいですね。


実際の法人向けローンの金利の比較

開きがあるには理由があるようです。 差が結構な%で生じますので誰でも少しでも安い金利でと思うのはしごく当然の事ですね。 ではその金利の差はどのように決められるのでしょうか。 法人の融資の場合は高額融資なので借りる金額が多いほど金利は高くなります。

審査基準とはどのようなものでしょう

新しく資金が繰りを検討していても審査で落ちたという話もよく聞きますね。 当然金融機関も事業である以上利益が期待できない融資はしないでしょう。 審査が通る場合と通らない場合にはどの様な問題があるのでしょうか。 それぞれの融資の審査基準や条件を調べてみました。

もともと融資をうけるのですから自己資金が少ない状況です

返済が困難になったら。 当然死活問題になりますね。 状況を良くする或いは回避する方法はあるのでしょうか。 安易な方法に飛びつくと現状維持どころかますます多額の借金を抱える場合もあるのです。 ここは焦らず、きちんと計算して具体的な方策を探してみる事ですね。