実際の法人向けローンの金利の比較

金利はどの金融機関でも開きがあります。

金利はいずれの金融会社でもその会社の体力や借りる金額の多い少ないで差が出ます。
大まかに幾つかの金融機関を分類しましたが、実は銀行によって、ビジネスローンなどの詳細は異なってきます。
サービスそのものに違いがあります。
多くの銀行系のビジネスローンは個人事業主の融資ができなかったり、金利そのものにも差があります。
銀行系はおよそ2%から9%と開きがありますが、審査基準としては過去のデーターや納税支払い状況、営業状況によって差が出ます。
当然ですが優良企業とみなされた場合は金利も低く見積もられるわけですね。
そのために決裁書や、確定申告の提出などが求められるわけです。
金利に関して言えば短期プライムレートと言う評価の高い企業に融資を提供するサービスもあります。
最近の大手の銀行のこのサービスでは平均1.5%未満が平均相場です。

優良企業とは

優良企業とは、いわゆる金融機関が決める企業の格付けですね。
体力があり実績もあれば評価は高くなります。
これは金融機関の稟議書なるものに記載されていますから融資の際の大きなポイントになります。
大雑把に言えば債務履行の実績です。
貸したものはきちんと回収できなければ金融機関としてメリットにならないのはしごく当然のことと言えますね。
並べて決裁書などから企業の経営状況を判断していくということになります。
経営の内容も評価のポイントとなるブラック企業の正反対のネーミングで広く社会に公表するサイトもでているようで、これで評価されると、融資も受けやすくなったり、組織も活性化を目指せるかもしれません。
金勇機関だけでなくこれからは一般にも良い会社と認められることが大切になっていくでしょう。


みんなにシェア

B!