もともと融資をうけるのですから自己資金が少ない状況です

リスケジュール

売上が上がらず銀行に返済方法の見直しを頼むことがあります。
リスケ=リスケジュールと言います。
見直しといっても当然返済額を少なくしてもらうことになります。
その場合銀行が要請を受けるのは、将来性がまだ残っているかを判断材料にします。
一時的困窮であり、これを乗り越えることが出来ればまた良い軌道に乗れるであろうと判断したら要望に応じます。
粘り強い交渉と将来性の説得で何とか猶予を貰うという事になります。
銀行はこのことをとても嫌うと言いますが、共倒れ、貸し倒れになってしまうリスクもあるので無下には断らないと言いますね。
しかしよく検討しないと、この方法も期間が長くなり結果支払う金額が増えるかも知れないリスクはあるので熟慮が必要です

どうしても返済できない状態になった時

それでも経営に見通しがたたないのは、もはや金利などの要因ではありません。
見通しが甘かったか、もともと無理があったか、返済額と利益のビジョンが正確でなかったかそれらすべてであったかもしれませんが、借金はそのまま放置しておくことはできません。
最悪自己破産を選ぶ場合もありますが、その前にその決断を避けるためにも色々な方法があることを知っておきましょう。
自己資産が少しでもある場合一旦全ての借金を返済して、新に借り入れるという方法があります。
このやり方であれば企業の格付けランクも下がりません。
これは銀行も応じやすい仮換え方です。
自己資金がない場合は民間の保証会社に依頼することもできますが保証料は高額です。
出来れば保証協会で相談し保証料を安くする案も検討する方が良いでしょう。


みんなにシェア

B!